小林麻央の乳がんを誤診した医者は虎の門病院の乳腺外科部長?末期であるステージ4まで乳癌が進行してしまった原因・理由とは?

シェアする

先日、小林麻央さんが34歳という若さで亡くなりましたが、麻央さんの死因となった乳がんは誤診の為に発見が遅れたといわれており、「もっと発見が早ければ助かった」と指摘する医者も多いようです。

今回は小林麻央さんが乳がんと診断されるまでの経緯や、誤診を行った医者はどこの病院の誰なのか?という点について記事にまとめてみました。

小林麻央 誤診 医師
http://pinky-media.jp/I0007234

2014年2月に夫・市川海老蔵と共に受けた人間ドック

小林麻央 誤診
twitter.com
小林麻央は、2014年2月に夫である市川海老蔵と共に人間ドックで健康診断を受けいます。

その際に超音波の検査で乳房に腫瘤が確認され、小林麻央本人が医師に悪性の可能性を尋ねると「五分五分の確率で癌」と言われたとの事。

この人間ドックを受けた病院については、

「PL東京健康管理センター」

もしくは港区赤坂にある「山王病院」と噂されているようです。

2014年2月、小林麻央はその後すぐに再検査へ

虎の門病院
twitter.com

乳ガンの疑いを伝えられた小林麻央は、すぐに港区にある大病院へ再検査に向かいました。この大病院とは虎の門病院だと言われています。

検査を担当したのは、乳腺外科のA部長。このA部長は触診、超音波検査、マンモグラフィーの結果、がんの疑うようなものではないと伝えました。

小林麻央はA部長に「生検はしなくてもよいか」と尋ねましたが「授乳中のしこりのため心配ない、半年後に検査しましょう」と言われます。

結果、このA部長の診断がガンを見落とすこととなり、後に誤診といわれる理由になりました。

さらに「虎の門病院の乳腺外科には部長が2人いた。もう一人の部長だったX医師は臨床経験が豊富な名医で、現在は赤坂で開業している。X医師が診ていれば、このとき発見できたはずだ」と後に週刊FLASHにて報道されています。

2014年10月、精密検査の結果乳がんが発覚

小林麻央 誤診
http://mwmcny.com/dock

精密検査を受けた虎の門病院からは「半年後の再検査」を提案されていましたが、半年後の8月には検査に行くことができず、左の乳房にしこりがあることを自分で気づいた2012年の10月に再度、虎の門病院を受診し、精密検査の結果、胸、脇へのリンパ転移済である乳がんが発見されました。この乳がんを告知したのは同じく虎の門病院、乳腺外科のA部長だったそうです。

A部長は標準治療を提案するも、小林麻央は乳房の温存を希望し治療を断る

ガンが発見された時、すでにリンパ腺にガンが転移した状態でした。通常はこのようなガンの場合、抗ガン剤によってガンを小さくし、手術で切除するのが「標準治療」で一番生存率も高い治療と言われています。

しかしこの治療法に小林麻央は難色を示し、A部長は部下と共に説得にあたりましたが、標準治療の有用性を上手く説明する事が出来ず、結果として小林麻央は虎の門病院での治療を断り別の病院を探す事になります。

ここでのタイムロスもガンが進行してしまった大きな要因の一つと言われています。

2016年の春に中央区の聖路加国際病院を訪れた際には既にガンはステージ4まで進行

2014年10月に標準治療を断りに虎の門病院を後にした小林麻央が、1年半もの間どこの病院を受診しどのような乳がん治療を行っていたのかは不明とされています。

しかし2016年の春に中央区の聖路加国際病院を訪れた際には、ガンは既に骨と肺に転移しておりステージ4の状態で皮膚から飛び出す程悪化していたといいます。

小林麻央の乳がんが進行してしまった原因は「誤診」と「標準治療の有用性」を説明しきれなかった事

「もし、最初の診察でガンが発見できていたら。標準治療の有用性をもっと真摯に説明していたら、状況は変わっていたはず。悔やまれてならない」とFLASHの取材にガンの専門医は答えています。

確かに命と乳房とどちらが大事ですか?と言われれば、小林麻央も当然、命と答えていたでしょう。そのような標準治療の有用性をA部長は説明できていなかったとFLASHの取材に答えた専門医は指摘しています。

・「最初に診た医師がしっかりしていれば、ここまで深刻にならなかった」

・東大医学部出身のA部長は「使う用語が難しく、患者への説明がうまいタイプではない」(元患者)という。

・「標準治療の有用性をもっと真摯に説明していたら、状況は変わっていたはず」

2ちゃんねるでA部長とX医師の本名が書き込まれる

48 :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/21(金) 16:19:45.63 ID:zjsszpQ20.net[1/3]

 A部長 : 川端 英孝 東京大学1988年卒  →  近藤誠と馬があい、ともに行動する

 乳癌の診断と治療が専門で、これまで約2,100名の乳癌患者さんの手術・治療を担当しております。

 X部長 : 三浦 大周 日本医科大学1990年卒  →  赤坂三浦クリニックへ逃亡

 乳癌の診断・治療を中心として甲状腺・副甲状腺の治療に至るまで、疾患を腫瘍学として捉え、臨床そして研究にも力を注いでいます。乳癌の診断・治療を中心として甲状腺・副甲状腺の治療に至るまで、疾患を腫瘍学として捉え、臨床そして研究にも力を注いでいます。

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477032926/

真偽の程は分かりませんが、インターネット上の掲示板2ちゃんねるに上記のような書き込みがありました。確かに虎の門病院のホームページを見ると乳腺外科部長の欄に川端英孝と名前があります。

川端 英孝医師

果たしてこの虎の門病院の乳腺外科部長である川端英孝医師が小林麻央の誤診をした医者なのでしょうか?はっきりとした事は言えませんが、週刊FLASHの報道内容やネット上の情報などのピースを合わせていくとこの川端医師へ繋がる事は確かです。

週刊FLASH 2016年11月1日号の内容全文

「最初に診た医師がしっかりしていれば、ここまで深刻にならなかった」

そう語るのは、ガンの専門医だ。

2014年2月、麻央は夫の市川海老蔵(38)と一緒に人間ドックを受診したとき、乳ガンの疑いを持たれる。

すぐに港区にある大病院で再検査。担当したのは、乳腺外科のA部長だ。

「当時、同科には部長が2人いた。もう一人の部長だったX医師は臨床経験が豊富な名医で、現在は赤坂で開業している。 X医師が診ていれば、このとき発見できたはずだ」(同前)

結果、A部長はガンを見落とした。

「8カ月後、乳房に違和感を持ち、検査を受ける。ここでやっと乳ガンが発見された。 告知したのはA部長だ」(同前)

すでにリンパ腺にガンが転移した状態だった。通常、このようなガンの場合、抗ガン剤によってガンを小さくし、手術で切除するのが「標準治療」だ。

「当然、A部長は標準治療を提案した。だが、麻央さんは乳房の温存を望んでおり、提案に難色を示した」(同前)

東大医学部出身のA部長は「使う用語が難しく、患者への説明がうまいタイプではない」 (元患者)という。

「麻央さんの説得には、A部長の部下のB医師も加わった。だが、B医師は『それもひとつの選択肢』と非標準治療に理解を示し、説得を諦める。 結局、麻央さんは病院を去った」(前出・ガンの専門医)

1年半後の今春、中央区の病院を麻央が訪れたとき、ガンは骨と肺に転移したステージ4。ガンが皮膚から飛び出すほど、悪化した状態だったという。

「もし、最初の診察でガンが発見できていたら。標準治療の有用性をもっと真摯に説明していたら、状況は変わっていたはず。悔やまれてならない」(同前)

A部長とB医師はどう答えるのか。 本誌の直撃に、A部長は「小林麻央さんの担当だったことについてはお答えしていません」。

B医師は「私は関係ない。診ていません」とのことだった。

港区の病院は「患者さんのプライバシーに関することはお答えできません」(総務課長)。

幼稚園に入っていく麻央の足取りは強かった。奇跡を信じて、麻央は力強く歩んでいく。 (週刊FLASH 2016年11月1日号)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161021-00010004-jisin-ent

小林麻央本人もブログで誤診について言及していた

小林麻央 誤診
http://ameblo.jp/maokobayashi0721

解放

2016-09-04 10:31:58

http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12196624428.html

私も

後悔していること、あります。

あのとき、
もっと自分の身体を大切にすればよかった
あのとき、
もうひとつ病院に行けばよかった
あのとき、
信じなければよかった
あのとき、、、
あのとき、、、
http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12196624428.html

この、「もっと自分の身体を大切にすればよかった」という文は、虎の門病院の川端医師から標準治療を提案された際、断ったことを指しているのではないでしょうか。

そして、

「もうひとつ病院に行けばよかった」

「信じなければよかった」

というのは明らかに虎の門病院の乳腺外科部長・川端医師による誤診の事を指していると推測できます。

小林麻央の乳がん誤診に対するtwitter上の反応

管理人によるまとめ

小林麻央さんが乳がんを患っている事を告白した日から今日まで、常に誤診の噂は出回っていましたが、それを最後まで突き詰めようという動きはあまり目にする事がありませんでした。

勿論この記事も、誤診を行った可能性のある病院や医師を特定して誹謗中傷する事を目的で作った訳ではありません。

ただ、小林麻央さんも自身のブログで訴えていた事を、風化させず最後まで記録として残して
おくべきだと感じた為、このような経緯や情報のまとめを行わせて頂きました。

セカンドオピニオンの必要性をもっと広くの人に知ってもらえればと思います。

コメント

  1. 名無しガール より:

    これはもっとマスコミで報道されるべき

  2. 名無しガール より:

    単なる誤診の噂だけなら微妙だけど、FLASHも本人に突撃取材してるなら間違いないんじゃないの?
    「小林麻央さんの担当だったことについてはお答えしていません」ってのは肯定してるのと同意に思えるんだが

  3. 癌人間 より:

    虎の穴病院のA部長、学生時代からエリート意識強く、性格も悪かったですね。決して自分の非を認めるタイプでない。兎に角、かかった医師が悪かったですね。