フェレットに噛まれ感染症で警察官(警部補)が死亡!闘病期間は16年間!?事件の詳細やネット上の反応まとめ

シェアする


https://www.liberty-ah.com/healthcare/ferret/

2002年に通報を受けて捕獲を試みたフェレットに手をかまれ、感染症の治療を続けていた県警の男性警部補が今年1月に41歳で死亡していたことが、県警への取材で明らかになり、話題となっています。

この記事では騒動の詳細についてまとめていきます。

フェレットに噛まれ感染症で男性警部補が死亡

 

https://peco-japan.com/51580

大分県警大分中央署で交番勤務だった2002年に通報を受けて捕獲を試みたフェレットに手をかまれ、感染症の治療を続けていた県警の男性警部補が今年1月に41歳で死亡していたことが、県警への取材で判明した。

https://mainichi.jp/articles/20191106/k00/00m/040/304000c 

県警によると、亡くなった警部補は交番勤務をしていた2002年の早朝に通報によってフェレットの捕獲作業を担当することになったようです。

しかし、その作業中に手を噛まれ、3ヶ月後には感染症である蜂窩織炎(ほうかしきえん)という病気を発症し、入退院を繰り返して治療を受けていたとのことです。

この「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」とは一体どういった病気なのでしょうか。

フェレットによる感染症・蜂窩織炎(ほうかしきえん)の症状や治療法は?

 

https://rheuma.jp/column/content.html?id=3

蜂窩織炎(ほうかしきえん)は、皮膚とそのすぐ下の組織に生じる、広がりやすい細菌感染症です。

患部の皮膚に発赤、痛み、圧痛がみられるほか、発熱や悪寒が生じたり、より重篤な症状が現れたりすることもあります。
この感染症の治療には抗菌薬が必要です。


https://www.msdmanuals.com/ja-jp/

蜂窩織炎は一番多いのは脚の皮ふからの発生のようですが、体のどの部分にも発生する病気のようです。

通常は片手や片足といった体の片側だけに生じるもので、熱を持って大きく腫れるケースが多いようです。

ほとんどの蜂窩織炎は抗菌薬療法で速やかに回復をしますが、重篤なものだと合併症として皮ふの組織を破壊する重度の感染症や、細菌の血流中への拡大などがあるとのことです。

フェレットに噛まれた警部補は16年も闘病していた?


https://petpedia.net/article/10/ferret