大坂なおみ選手が黒人差別抗議の試合ボイコットを一転し出場表明で批判殺到!ネット上の反応まとめ

シェアする

テニスの大坂なおみ選手が27日、出場予定だったツアー大会の準決勝のボイコットを表明したことで話題となっています。

この記事では話題の詳細や経緯などについて詳しくまとめていきます。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/08/26/

大坂なおみ、試合のボイコットを表明 警察官の黒人銃撃事件に抗議

 

米ニューヨークで開催中のテニス「ウエスタン・アンド・サザン・オープン」の女子シングルスに出場中の大坂なおみ選手(日清食品)が26日、
米ウィスコンシン州で黒人男性が警官に背後から銃撃された事件などに抗議し、27日の準決勝を棄権すると表明した。

大坂選手はツイッターなどに「私はアスリートである前に、一人の黒人の女性です。私のテニスを見てもらうよりも、今は注目しなければいけない大切な問題がある。
相次いで起きている警官による黒人の虐殺を見ていて、腹の底から怒りがわく」などと訴えた。

大坂選手は26日、準々決勝に勝利していた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/6cc65d8009b992cee52b3f8f6900f40e8f40044d

優勝も予想されていた実力者である大坂なおみ選手が突然ボイコットをしたということで、大会運営者のみならずSNS上でも大きな騒動となりました。

その背景には先日アメリカで起きた黒人男性が銃撃される事件があるようですが、大坂選手が棄権を表明する前日にはプロバスケットボールチームがNBAでの試合をボイコットしたことなどもあり、さらなる意思表示として大坂選手もボイコットに踏み切ったようです。

大阪なおみのプロフィール


https://twitter.com/naomiosaka/media

名前 大坂 なおみ(おおさか なおみ)
生年月日 1997年10月16日
出身地 大阪府大阪市
職業 プロテニス選手
Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/大坂なおみ

大坂なおみ選手は大阪府大阪市で生まれましたが2001年にアメリカ合衆国へ移住し、以降はアメリカで活躍されているプロテニス選手です。

父親がハイチ人、母親が日本人で、大坂なおみさんはハーフに当たります。

2019年までは日米二重国籍でしたが、22歳の誕生日を向かえた2019年に日本国籍を選択し、現在は日本の代表選手として活動しています。

男女通じてアジア初の世界ランキング1位を獲得した人物で、全豪オープンやグランドスラムといった有名大会で優勝を飾る、現在女子テニス界で最も強いとされる選手です。

大坂なおみのボイコットに批判の声も?

 

https://twitter.com/naomiosaka/media