PayPay(ペイペイ)残高付与取消で炎上祭りに!詐欺アプリとの声も一部であがり話題に…ネット上の反応まとめ

シェアする

PayPay(ペイペイ)で品物を購入すると20%のボーナスが残高ポイントとして付与されるなどで話題となり、大好評につき終了した「100億円あげちゃうキャンペーン」ですが、2019年1月現在、PayPay(ペイペイ)ポイント残高付与の取り消し報告がSNS上などで相次ぎ祭り・炎上状態になっている模様です。この記事ではPayPay(ペイペイ)残高付与取り消し祭りの詳細やネット上の反応をまとめています。

 

PayPay(ペイペイ)とは?


https://setsuyakuseikatu-20.com/post-11102/

PayPay(ペイペイ)とは、yahooとsoftbankの両者が出資し作られた会社である「PayPay(ペイペイ)株式会社」が運営しているプリペイドサービスの名称になります。

こちらはどういうサービスかといいますと、スマホのアプリへPayPay(ペイペイ)をインストールし、残高を各種の方法でチャージしておくだけでPayPay(ペイペイ)対応の店ならば表示されたQRコードを読み取ってもらうだけで支払いができるといったものです。

 

PayPay(ペイペイ)では初期費用や入金手数料が無料であり、他の電子マネーサービスやスマホ決済サービスに比べて便利な点が多い為か、2018年10月のサービス開始時より多くの人が利用開始した事で話題になりました。

 

PayPay(ペイペイ)で残高付与取消が多発!ツイッター上で報告が相次ぐ


twitter.com

twitter.com

twitter.com

昨年のPayPay(ペイペイ)サービスが開始された10月以降にはSNS上でも「PayPay(ペイペイ)の残高付与ポイントが当たった!」との喜びの声やツイートが多く見られていましたが、まさか数カ月後に残高付与ポイント取消騒動が起こるなどと誰が予想できた事でしょうか。

このポイント付与を楽しみにしていたユーザーも非常に多かったようで、一部では「PayPay(ペイペイ)は詐欺アプリ」などといった過激な批判の声もあがっている様子です。

PayPay(ペイペイ)の残高付与取消が多発している理由は?