うすた京介の嫁や収入は?「家が売れない」ツイートが話題に・・・。

シェアする

漫画家のうすた京介さんが「家が売れない」とツイートをし、ネット上で大きな注目を集めています。

この記事ではうすた京介さんについてや話題のツイートについてまとめていきます。


https://rookie.shonenjump.com/usuta

うすた京介「2年半以上も家が売れない」とツイート


https://twitter.com/k_usuta/status/1430759567839821825

漫画家・うすた京介さんが、北鎌倉の邸宅の買い手を探していることを自身のTwitterで明かした。

神奈川県鎌倉市山ノ内にあるこの邸宅は、一級建築士事務所・DON工房が設計し、2009年7月に建てられた木造建築の注文住宅。
この邸宅はうすた京介さんが札幌に引っ越す前に住んでいた一軒家。2年半以上売れておらず、困っているとのこと。

不動産売却サービス・三井のリハウスで販売されており、その販売価格は1億6,800万円だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a26d232a8cd2929e313268c0a3b0642daeffb347

うすた京介さんは現在北海道札幌市で生活をされているようで、「あと15年は札幌に残る決意をしたため、子供の小学校入学前に家を決めて引っ越したい」という目標があるようです。

そのためにも北鎌倉の邸宅を手放したいようですが、なかなか売れずTwitterで呼び掛けを行うことにしたようですね…

うすた京介のプロフィール


https://www.youtube.com/watch?v=bi94_ITYEWc

名前 うすた 京介(うすた きょうすけ)
職業 漫画家
生年月日 1974年5月25日
出身地 愛知県
Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/うすた京介

うすた京介さんは1990年に『ザ★手ぬきくん対物酢御くんで第2回GAGキング特別賞を受賞したことによってデビューを手にした人物です。

同作品の『パート2』が『週刊少年ジャンプ』の1991年5月号に掲載されたことによってデビューしました。

とくに話題となった作品は1995年から連載された『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』で、1998年にはアニメ化されているほどの人気っぷりです。

また、その後2000年に連載開始した『ピューと吹く!ジャガー』も当時の少年少女に広く愛された作品として有名でしょう。

うすた京介の嫁や年収は?

うすた京介の嫁や年収は?


http://blog.livedoor.jp/pipohome/archives/1493008.html

うすた京介さんの嫁は漫画家の榊 健滋(さかき けんじ)さんであることは有名な話のようです。

榊さんは『ǝnígmǝ【エニグマ】』や『ラブデスター』といった作品でご存じの方も居るでしょう。

プライベートでは2016年12月に第一子となる男児を、そして2018年7月には第二子となる女児を出産されています。

また、うすた京介さんの年収についてはアニメなどの収入を含めると5億は軽く超えるのではないかと噂されています。

うすた京介に対するみんなの反応